HOME > Web屋の呟き
<< 自社サイトをリニューアル | TOP | ルームランナーの基板 >>
常時SSL化

HTTPS

 

さて、もう皆さんご存じの通り、Googleさんのアナウンスによると、サイトがSSLによって暗号化されていない場合、Chrome(ブラウザ)68のアップデート以降、URL欄に「保護されていません」という警告が出るようになります。(2018年7月)

つまり、URLがhttp://で始まるサイトはこの警告が出るということです。https://で始まるサイト(sがついている)は「保護された通信」という緑の文字とカギアイコンがつきますので、通信は暗号化され安全であることがわかります。

今までは、例えばお問い合わせフォームのページやショッピングカートのページだけをSSLによって保護しているサイトが多かったと思いますが、これからはサイト全体を常時SSL化するのが常識となります。
Googleさんの行っていることは、全ての人に安全なインターネットライフを楽しんで欲しいということであり、個人情報のダダ漏れやサイバーテロからの攻撃を未然に防ぐための措置ですから、正しいことです。
ただし、常時SSL化するとなると多少の出費は覚悟しなくてはなりません。(無料のものもあるにはあるがいろいろ制約もある)
企業サイトの場合は「信頼」が第一ですからSSL化は必須と言えるかもしれませんが、個人サイトや非営利サイトは悩むところですよね。

 

現在、弊社にもお客様からSSLサーバー証明書についてのお問い合わせ、導入希望が増えており、順次SSL化を進めているところです。

 

0
    | 仕事 | 16:04 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
    コメント
    コメントする









    カレンダー
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    過去の記事
    最近のコメント
    リンク
    プロフィール

    コンテンツ案内

    ▲PAGETOP▲