HOME > Web屋の呟き
DWが重すぎる

私が日頃、仕事のホームページ制作にメインで使用している「Dreamweaver」ですが、つい最近まで快適に使えていたのに、バージョンが20.2になってから、文字入力時やコードを触っているときにやたらと重く、反応が極端に鈍くなり、ひどい時には文字を入力しても反応するのに3〜5秒ぐらいかかるときがあり、コードをマウスでドラッグして選択したりするときも全然反応しなかったりして、一瞬フリーズしたのかと思うぐらい動きが遅くなりました。しかも誤動作したり。

ちょっとした作業でもすごくストレスを感じます。ハッキリ言って、仕事になりません。

本気で他のエディタに乗り換えようかとまで思いましたが、今まで十数年もDreamweaverに慣れ親しんでいたし、それなりに便利な機能も備えているので、簡単に乗り換えることもできません。

そこで、解決策はないものかと、ネットでいろいろ調べてみたら、サイトキャッシュの再作成をすればいいとか、フォントをアンチエイリアス系じゃないフォントに切り替えるといいとか、いろいろ解決策が出ていました。

 

しかし、どれを試してみてもほとんど変化無し。

 

困った・・・。

 

そこでもう少しネットで検索してみたところ、「アプリをダウングレードする」という手があることを知りました。

「Adobe Creative Cloud Desktop」を開けると、アプリのリストが並んでいます。

目的の「Dreamweaver」の欄の、右端にある「…」をクリックすると、「他のバージョン」というのがあり、それをクリックすると、「以前のバージョン」というのがあって過去のバージョンが並んでいます。20.1の時には上記のような不具合はなかったので、ここで20.1を選んでインストールします。

 

 

すると、現在の20.2はアンインストールされ、代わりに20.1がインストールされました。

 

早速立ち上げてみました。

おお、アプリ起動時のスプラッシュ画面も懐かしいバージョンです。

 

さて、文字を入力したりコードをマウスで選択したり移動させたりと、通常の操作をしてみましたところ・・・

 

スムーズに動くようになりました。

よかったーーーーー!

0
    | 仕事 | 01:39 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
    アップデート

     

    Adobeのアプリケーションがアップデートされました。

    今回は結構大規模なアップデートとなったようです。

     

    しかーーーし!!

     

    アプリアイコンも変わっています。

    まあアイコンデザイン自体は、わりとシンプルでよさげなのですが、色目を変えてもらっちゃ困ります。

    特に、私が仕事で日頃メインで使っているDreamweaverが、前の「緑色」から「どピンク」に!!

     

     

    タスクバーに表示されるアイコンは、一目見ただけで何のアプリかがわからないと、切り替え時に戸惑います。

    というか、Dreamweaverはずっと緑色で通っていたのに、なんでどピンクなのよ?

    タスクバーだけじゃなく、フォルダ内に表示されるファイルのアイコンも、一部どピンクのアイコンが表示されているし、Dreamweaverのファイルブラウザに表示されているアイコンの中で特定のファイルにどピンクのアイコンが表示されたりなど、とにかく今までと違った色になると、それだけで何かすごく違和感があります。

    初めてアプリを使う人は別になんとも思わないでしょうが、何年もずっと使っているユーザーにとっては、この色に慣れるまでしばらくはストレスを感じてしまいますね。

     

    ちなみに、Photoshopなど、ほとんど色の変化のないアプリもあります。

    0
      | 仕事 | 22:36 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
      パソコン起動時にWordが勝手に立ち上がる

       

      最近、パソコン起動時にWordが勝手に立ち上がってしまいます。

      Wordでの作業がメインという人はありがたいかもしれませんが、そうでない人にとっては「ウザい」!

       

      それで、この件について、ググってみました。

      解決策がありました。

       

      設定(コンパネ)→

      アプリと機能→

      アプリのリストの中からMicrosoft Office 365を選択→

      変更ボタンを押す→

      「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」で「はい」を押す→

      「Officeプログラムをどのように修復しますか?」で「クイック修復」を選んで「修復」ボタンを押す

      これで問題は解決しました。

      何度かパソコンを再起動してみましたが、もうWordが勝手に立ち上がることはなくなりました。

       

       

      ・・・・と、思ったんですが、数日経ったらまた勝手に立ち上がりました。

      そこで、また上記の方法を実行すると、立ち上がらなくなりました。

       

       

      ・・・・と、思ったんですが、数日経ったらまた勝手に立ち上がりました。

      この症状、繰り返します。

      今度は、「クイック修復」ではなく、「オンライン修復」を試してみました。

      しかし、おとなしくしているのは数日だけです。また同じように繰り返します。
      今のところ、Wordが勝手に立ち上がるのを防ぐ方法はまだ見つかっていません。
      最近は、この状態に慣れてしまい、「ああ、またか」と思うだけで、ウインドウを閉じています。
      まあただ閉じるだけでその場は収まるので、特に困ることもないですが、必要以上に立ち上がってしまうのはやっぱりウザいといえばウザい!
      誰か良い方法をご存じでしたら教えてください!
      0
        | 仕事 | 22:59 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
        ひろこ漢方内科クリニック様リニューアル

         

        先月の話ですが、ひろこ漢方内科クリニック様のサイトが、7年ぶりにリニューアルオープンしました。

        今回は、モバイル対応サイトとして作り替えることが主な作業となりました。

        また、常時SSL化と、WEB予約のページ追加も行っております。

        全体的なデザインは、リニューアル前のサイトデザインを、オーナーである院長が大変気に入ってくださっていたため、全体的な雰囲気をできるだけ引き継ぐ形で作業を進めました。

        ただし、見えない部分でサイト構造は大きく変化しております。

         

        以下、クリニックサイトの紹介文から引用

        -------------------------

        漢方専門医 高橋浩子の「ひろこ漢方内科クリニック」は、漢方(東洋医学)と西洋医学のいいところをいかした、元気になる、楽しい、わくわくするクリニックです!
        冷え症、更年期などに、体質改善を考えた治療をします。

        -------------------------

         

        サイトはこちら↓

        「ひろこ漢方内科クリニック」

        https://www.hiroko-kampo.com/

        0
          | 仕事 | 00:42 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
          iPhoneでアラートが出る

           

          複数クライアント様から立て続けに相談がありましたので、調べてみました。

           

          iPhoneでメール使用中に「サーバーの識別情報を検証できません」というアラートが出て送受信ができなくなることがあります。

          考えられる対処は2つ。

          ひとつは、SSLをオフにする

          もうひとつは、日付と時刻を自動設定する

           

          SSLをオフにする

          1.ホーム画面の「設定」アイコンをタップ

          2.パスワードとアカウントをタップ

          3.アカウントの中から該当するメールアドレスを選択

          4.「送信メールサーバー」のSMTPをタップ

          5.プライマリーサーバーをタップ

          6.「SSLを使用」をオフ、「認証」をパスワード、「サーバーポート」は587

          7.右上の「完了」をタップ

          次に

          8.詳細をタップ

          9.「受信設定」の、「SSLを使用」をオフ、「認証」をパスワード、「サーバーポート」は110

          10.左上の「戻る」をタップ

          11.右上の「完了」をタップ

           

          以上です。

          「SSLを使用」の箇所は2ヵ所、送信、受信ともにあるので、両方オフにしてください。

          それでも改善しない場合は、以下の手順をお試しください。

           

           

          日付と時刻を自動設定する

          1.ホーム画面の「設定」アイコンをタップ

          2.「一般」をタップ

          3.「日付と時刻」をタップ

          4.「自動設定」をオン

            (もし、既にオンになっていた場合は、一旦オフにして、時間をわざとにずらした後、再びオンに切り替える

           

          以上です。

           

          なお、私はiPhoneを持っていないので、キャプチャ画像はありません。

          文字だけではよくわからないという方は、「サーバーの識別情報を検証できません」などの文言でググってみてください。
          0
            | 仕事 | 13:40 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
            オンライン会議

             

            新型コロナウイルスの収束が全然見えない状況が続いていますが、そんな中、各地各社でオンライン会議等がはやっておりますね。「3密」を避けるとなるとなかなかリアル会合を開くことが難しいので、ZOOMやスカイプなどを使用した、オンラインでの会合を行わざるを得ません。

             

            実は私も月に一度、Web制作やDTP関連の仕事をしている方との勉強会を開催しているのですが、2月、3月は中止にしていました。しかし、新型コロナが収束するまで待っていたら、いつになるやらわかりません。

            ということで、この勉強会も、流行に乗り遅れまいと(笑)スカイプによる勉強会を開催することにいたしました。

            この勉強会、もう7〜8年になるのですが、スカイプを利用するのは初めての試みです。

            今回は4人という少人数でしたが、特にトラブルもなく、音声や画像の遅延も発生せずに、スムーズに行うことができました。うまくいってよかったよかった!

             

            当面はこのやり方でいくと思います。

            しかしいつになったら収束するんでしょうか?
            やっぱり全世界の人が全員感染して抗体ができるまでは収まらないんでしょうかね?
            0
              | 仕事 | 17:32 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
              LSIN様サイトリニューアル

              LSIN(特定非営利活動法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク)様のサイトがリニューアルオープンいたしました。

               

               

              サイトはこちら↓

              https://www.lsin.org/

               

              ---------------------------------------------------------

              「自然免疫」という言葉を知ってますか?

               

              私たちLSINは「健康維持は自然免疫の活性化から」をコンセプトとし、
              【1】自然免疫の役割や重要性についての情報発信
              【2】自然免疫を活性化する技術の普及
              を目的として活動しています。

              「自然免疫」をキーワードに、安心・安全な食と環境を目指して、産学官で協力し、そのネットワークを環瀬戸内から全国へ、世界へ広げていきたいと思っています。

               

              ---------------------------------------------------------

              (サイトより抜粋)

               

               

              株式会社ピクセル工房がサイト制作を担当させていただきました。

              弊社ホームページの制作実績ページにも掲載しています。

              0
                | 仕事 | 00:01 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
                自分史ムービー制作「メモリーズ」様のサイトオープン

                幸せな人生だから、今家族に伝えたい想い!

                自分史ムービー

                〜Memories〜メモリーズ

                あなたの人生を、写真とメッセージでつづり、DVDに仕上げます。

                 

                メモリーズ

                 

                サイトはこちら

                http://jibunshi-movie.com/

                 

                株式会社ピクセル工房がサイト制作を担当させていただきました。

                弊社ホームページの制作実績ページにも掲載しています。

                0
                  | 仕事 | 23:38 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
                  リニューアルサイト完成

                  自然免疫制御技術研究組合様のホームページがリニューアルオープンしました。

                   

                  自然免疫制御技術研究組合

                   

                  Webサイトはこちらです。↓

                  http://shizenmeneki.org/

                  もちろんスマホからのアクセスもOKです。

                   

                  リニューアル前の最初のバージョンが2010年制作でしたので、9年ぶりということになります。

                  インターネットの世界で9年10年というと大昔と言われるほど、この世界はスピードが速いし、その間、サイトの構造やデザインなどの主流もずいぶんと変わるし、流行も変わってまいります。

                  別に流行を追い続ける必要もないのですが、さすがに10年も前のサイトは、今見るとやはり「古くささ」が目に付きます。

                  また、構造的なものについては、まずモバイル対応がなされているかどうか。10年前というとスマートフォンというものが広く一般に普及しだした時代です。スマホの先駆けとなったiPhoneが日本で発売されたのが2008年だそうです。その当時は、まだほとんどのホームページはパソコンにしか対応しておらず、スマホへの対応が必須と言われるようになったのはそれから数年経ってからのことです。

                  今となっては、モバイル対応・スマホ対応をするのは当たり前。してないとGoogleもお客様にも相手にしてくれないというのが現状となっています。

                  弊社では、2014年秋頃からレスポンシブWebデザインという手法によりスマホ対応を積極的に行うようになり、当時から現在までの制作例のほぼ9割方はレスポンシブのサイトとなっております。

                  この先、また別の技術が開発され、スマホ対応の手法が変わっていく可能性も充分に考えられることではありますが、できるだけ積極的に対応していくように努力いたします。

                  0
                    | 仕事 | 21:13 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
                    JUGEM無料版でレスポンシブにする方法

                    「JUGEM」は、ロリポップやムームードメインと同じGMOペパボ株式会社が提供しているブログシステムです。

                    使い勝手やサービスなどは他のブログとさほど変わらないのですが、閲覧するデバイスとしてスマホが主流となっているこのご時世に、スマホ用のテンプレートがあまり充実しておらず、しかも、「自分でカスタマイズするか、レスポンシブ化してパソコン用とデザインのテイストをそろえたい」などと考えているプロ、またはハイエンドユーザーにとっては、有料版にしない限りなんにも触らせてもらえないというブログシステムとなっています。(ペパボさん、すみません)

                     

                    実は、私も自社サイトをレスポンシブデザインにしたついでに、ブログもレスポンシブにしようとしました。・・・いや、レスポンシブにしたのです。

                    ところが、スマホからアクセスすると強制的にスマホ版のテンプレートのほうに行ってしまい、レスポンシブの設定は全く無駄な作業となっていました。(一生懸命HTMLやCSSを書いたのに)

                     

                    そこで、私は「JUGEM レスポンシブ」などのキーワードでググってみることにしました。諸先輩方がなにかヒントを与えてくださるかもしれません。

                    でも、ヒットしたページを何十ページ開けても、ほとんどの記事は、「まずは有料版の”JUGEM PLUS”を契約して、フリースペースにjavascriptのコードを挿入しましょう」と書かれています。

                    無料版ではタグ等を入れることはほとんどさせてもらえませんが、有料版なら一部触れる箇所があるということです。
                    ただ、私の場合、無料版JUGEMといっても少し普通のとは違っていて、レンタルしているロリポップサーバーに付属している「ロリポブログ」(中身はJUGEMと同じもの)を使用しており、これは無料でありながら広告が出ないブログになっています。ですから、「広告がうっとうしいので非表示にしたい」という理由で有料版にする人が多い中、「せっかく広告は出ないのにわざわざ毎月300円払って有料版にするのもどうかなあ?」という理由だけで、有料版にすることに二の足を踏んでしまう・・・、ケチくさくてすみません。
                    そんなわけで、「いやどこかに抜け道はあるはずだ」と、ああでもないこうでもない、といろんなことを試してみました。

                    「HTML編集」でコードをいじってみたり、サイトタイトルやサブタイトル、記事のタイトルなどにコードを挿入してみたり。しかし、パソコン版のHTML編集は、スマホ版とはテンプレートが別なのでなにをやっても無駄だし、タイトルなどを入れるフォームはそもそもHTMLは受け付けないしで、結局、無料版では根本的に無理。というか、HTMLのタグを挿入できるところは2カ所しかないのです。

                     

                     

                    ・・・え?

                     

                     

                    2カ所は挿入できるんだ。
                    ・・・そうです。逆に言えば、無料版で触れるその2カ所を触れば、可能になる・・・ということなのですね。

                     

                     

                    はい。では前振りが長くなりすぎましたが、ここからがいよいよ本題です(笑)。

                     

                    その前に(まだ前振りがあるんかいっ!!)、今から書く内容は、「レスポンシブWebデザイン」を知っている、プロまたはハイエンドアマチュア向けな内容となっていますので、基本的にレスポンシブ対応のHTMLやCSSはすでに書いた上での話、もしくは書くのを前提とした話となっていますのでご了承ください。

                    レスポンシブWebデザインの詳細については、長くなるのでここでは省略します。他のサイトやブログでとてもわかりやすく書かれている記事もたくさんあるので検索してみてください。

                     

                     

                    まず、有料版では、レスポンシブにするために行うのはたった1カ所。フリースペースに

                    <script>javascript:pcview_on();</script>

                    を1行記述するだけです。

                     

                    しかし、無料版ではスマホ版のフリースペースは使えません。

                    ↓管理画面の「モバイル→フリースペース」を選ぶと、このような画面になり、有料版にすることを要求されます。

                     

                    フリースペース

                     

                    無料版の場合はHTMLなどのタグを挿入できるのは2カ所

                    1.「ブログを書く→記事の投稿、または記事の編集・削除」の「記事の内容」フォーム内(ただし<HTML>モード)

                    2.「設定→ユーザー設定→プロフィール編集→自己紹介」のフォーム内

                    この2カ所だけはタグを挿入できます。

                     

                    -------------------------------------------

                     

                    さて、それでは実際に作業を行うことにいたしましょう。

                    触るところは全部で3カ所です。

                     

                    【手順1】

                    「ブログを書く→記事の投稿、または記事の編集・削除」の「記事の内容」フォーム内に通常の文章を打ち込んだ後、フォーム右端にある↓「<HTML>モード」というボタンを押し

                     

                    Javascript

                     

                    文章のどの位置でもかまいませんから(上のほうに書いた方がすぐ読み込むのでいいかも。しかしFacebookでシェアするとFacebookのタイムラインでコードも最初に表示されてしまうので、その場合は最下部に入れた方がいいかも)

                    <script>javascript:pcview_on();</script>

                    というコードをフォーム内に挿入してください。

                    そして通常のように投稿ボタンを押して更新いたします。

                    この作業は、投稿する度に毎回行ってください(それが少々面倒くさい)。

                     

                     

                    【手順2】

                    「設定→ユーザー設定→プロフィール編集→自己紹介」のフォーム内にもこのコードを挿入しておくことをお勧めいたします。これは検索エンジンなどから直接プロフィールページにランディングされた場合(滅多にそんなことはないと思いますが)にもレスポンシブが効くようにする設定です。↓

                     

                    プロフィール

                     

                    この画像では最下部に挿入していますが、上部に挿入した方が少しでも先に読み込むのでそのほうがいいかもしれません。

                    また、注意点として、ここに挿入するタグは途中で改行せずに1行で書いた方がいいでしょう。改行すると、自動改行で勝手に<br />というタグが挿入され、うまく作動しない可能性があります。(作動するかもしれない。未検証)

                    この作業を行うのは1回だけでいいです。

                     

                     

                    【手順3】
                    管理画面の「モバイル→基本設定→ブログの表示設定」で、スマートフォン表示設定のところを、「直接表示形式」に切り替えておきます。これを切り替えておかないと、「リスト表示形式」ではせっかくタグを挿入した記事本文が表示されませんので、レスポンシブが効きません。↓
                    この作業も1回だけでいいです。
                    基本設定

                     

                     

                    以上で、無料版JUGEMでもレスポンシブが可能となり、ご自分で好みのデザインのレスポンシブ対応CSSを書いて、表示させることが可能となります。

                     

                     

                     

                    一応、不都合な面も書いておきましょう。

                    この方法を参考にされる方は、基本的にHTMLやCSS、更にはレスポンシブに大変詳しい、プロかハイエンドアマチュアの方と思われますが、それ以外の、「そもそもレスポンシブって何?」とか、「HTMLってなんぞや」とおっしゃる方には、念仏にしか聞こえないでしょう。

                    例えば、ホームページ制作業者がクライアント様のサイトやブログをレスポンシブ仕様にして、ブログの更新はクライアント様ご自身でされるようにお願いしたとしても、クライアント様が毎回の投稿時に、わざわざ「HTMLモード」に切り替えてJavascriptコードを挿入してくれるかどうか・・・。うーーん。ちょっとハードル高いかもですね。

                    クライアント様:「えーーー?毎回そんな面倒なことをしなきゃいけないの?ブログを書くだけでも面倒なのに・・・じゃあもうブログなんか書かねぇ!!」・・・と言われるかも。

                    ブログは最新記事が一番上に表示され、古い記事はどんどん裏に回っていきますから、常に上記のJavascriptコードを記事本文中に埋め込み続けなければなりません。新規投稿をする度にです。これは素人さんでなくても(プロでも)毎回となると面倒くさいし、うっかり挿入し忘れなんてことも。

                    更には、ブログ更新はパソコンで行う必要があるということです。スマホ版の管理画面(投稿フォーム)には「HTMLモード」がありません。

                     

                     

                    まあ、それが面倒くさいという方は、素直に有料版にすべきですね。有料版なら、最初に1回だけフリースペースに挿入するだけで済みますから。

                    私の場合、毎回手間をかけてでも、有料版にはしたくなかった、というのが、今回の方法を見つけ出すことにつながったと言えます。(ただのケチやんけ)

                     

                    もし、「そんな面倒なことをしなくても、うまくいく方法あるよ!」とおっしゃる方がいらっしゃいましたら、是非その方法を無料でお教えください(笑)。

                     

                     

                    レスポンシブWebデザインがうまく作動した当ブログのスマホ表示↓

                     

                    レスポンシブ

                     

                    ちなみに、レスポンシブではなくJUGEMのスマホテンプレート表示の場合↓

                     

                    スマホテンプレ

                     

                    こんなふうに、ずいぶん表示に違いがあるのですね。

                    さて、あなたも無料版JUGEMでレスポンシブしませんか!!
                    2
                    | 仕事 | 12:51 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
                    カレンダー
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    25262728293031
                    << October 2020 >>
                    最新の記事
                    カテゴリー
                    過去の記事
                    最近のコメント
                    リンク
                    プロフィール

                    コンテンツ案内

                    ▲PAGETOP▲