HOME > Web屋の呟き
ゲーム「REODA」6作目完成

 

探索アドベンチャーゲーム「REODA」Chapter-06<ヴェネツィア>をリリースしました。
REODAシリーズ6話目です。


ノベルゲーム+脱出ゲーム風探索アドベンチャーゲーム「REODA」Chapter-06<ヴェネツィア>はこちらから

シリーズ全体を通した物語を楽しんでいただくため、このシリーズのプレイは初めてとおっしゃる方は、第1話からプレイしてください。
ノベルゲーム+脱出ゲーム風探索アドベンチャーゲーム「REODA」Chapter-01<プロローグ>はこちらから

0
    | ゲーム | 20:29 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
    LSIN様サイトリニューアル

    LSIN(特定非営利活動法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク)様のサイトがリニューアルオープンいたしました。

     

     

    サイトはこちら↓

    https://www.lsin.org/

     

    ---------------------------------------------------------

    「自然免疫」という言葉を知ってますか?

     

    私たちLSINは「健康維持は自然免疫の活性化から」をコンセプトとし、
    【1】自然免疫の役割や重要性についての情報発信
    【2】自然免疫を活性化する技術の普及
    を目的として活動しています。

    「自然免疫」をキーワードに、安心・安全な食と環境を目指して、産学官で協力し、そのネットワークを環瀬戸内から全国へ、世界へ広げていきたいと思っています。

     

    ---------------------------------------------------------

    (サイトより抜粋)

     

     

    株式会社ピクセル工房がサイト制作を担当させていただきました。

    弊社ホームページの制作実績ページにも掲載しています。

    0
      | 仕事 | 00:01 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
      自分史ムービー制作「メモリーズ」様のサイトオープン

      幸せな人生だから、今家族に伝えたい想い!

      自分史ムービー

      〜Memories〜メモリーズ

      あなたの人生を、写真とメッセージでつづり、DVDに仕上げます。

       

      メモリーズ

       

      サイトはこちら

      http://jibunshi-movie.com/

       

      株式会社ピクセル工房がサイト制作を担当させていただきました。

      弊社ホームページの制作実績ページにも掲載しています。

      0
        | 仕事 | 23:38 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
        久々のZwift

        じつは4週間ほど前に急に腰を痛めまして。

        昨年の悪夢がよみがえったような、苦痛の毎日を過ごしておりましたが、ようやくほぼ痛みも治まってきたので、きょうは久しぶりに自転車にまたがりローラー台を回してみました。もちろんZwiftを動かしながら、です。

        Zwiftは4週間ぶり、そして自転車はなんと4ヶ月ぶりです。ここ最近はルームランナーでランニングばかりでしたから。

         

        久しぶりということで、けっこうシンドイですけど、私が休んでいる間にまた新しいコースが増えていたので、そこを走ってみることにしました。景色は新鮮ですが、アップダウンの繰り返しなので、常にチェンジをカチャカチャと動かしながらの走行です。それがまた楽しみでもあるのですが。

         

        楽しいのでついつい頑張ってしまうのですが、あんまりやりすぎるとまた腰がぶり返してはたまらんので、そこそこでやめときます。

         

        0
          | 自転車 | 18:35 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
          ゲーム「REODA」5作目完成

           

          探索アドベンチャーゲーム「REODA」Chapter-05<イギリス>をリリースしました。
          REODAシリーズ5話目です。


          ノベルゲーム+脱出ゲーム風探索アドベンチャーゲーム「REODA」Chapter-05<イギリス>はこちらから

          シリーズ全体を通した物語を楽しんでいただくため、このシリーズのプレイは初めてとおっしゃる方は、第1話からプレイしてください。
          ノベルゲーム+脱出ゲーム風探索アドベンチャーゲーム「REODA」Chapter-01<プロローグ>はこちらから

          0
            | ゲーム | 16:41 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
            リニューアルサイト完成

            自然免疫制御技術研究組合様のホームページがリニューアルオープンしました。

             

            自然免疫制御技術研究組合

             

            Webサイトはこちらです。↓

            http://shizenmeneki.org/

            もちろんスマホからのアクセスもOKです。

             

            リニューアル前の最初のバージョンが2010年制作でしたので、9年ぶりということになります。

            インターネットの世界で9年10年というと大昔と言われるほど、この世界はスピードが速いし、その間、サイトの構造やデザインなどの主流もずいぶんと変わるし、流行も変わってまいります。

            別に流行を追い続ける必要もないのですが、さすがに10年も前のサイトは、今見るとやはり「古くささ」が目に付きます。

            また、構造的なものについては、まずモバイル対応がなされているかどうか。10年前というとスマートフォンというものが広く一般に普及しだした時代です。スマホの先駆けとなったiPhoneが日本で発売されたのが2008年だそうです。その当時は、まだほとんどのホームページはパソコンにしか対応しておらず、スマホへの対応が必須と言われるようになったのはそれから数年経ってからのことです。

            今となっては、モバイル対応・スマホ対応をするのは当たり前。してないとGoogleもお客様にも相手にしてくれないというのが現状となっています。

            弊社では、2014年秋頃からレスポンシブWebデザインという手法によりスマホ対応を積極的に行うようになり、当時から現在までの制作例のほぼ9割方はレスポンシブのサイトとなっております。

            この先、また別の技術が開発され、スマホ対応の手法が変わっていく可能性も充分に考えられることではありますが、できるだけ積極的に対応していくように努力いたします。

            0
              | 仕事 | 21:13 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
              JUGEM無料版でレスポンシブにする方法

              「JUGEM」は、ロリポップやムームードメインと同じGMOペパボ株式会社が提供しているブログシステムです。

              使い勝手やサービスなどは他のブログとさほど変わらないのですが、閲覧するデバイスとしてスマホが主流となっているこのご時世に、スマホ用のテンプレートがあまり充実しておらず、しかも、「自分でカスタマイズするか、レスポンシブ化してパソコン用とデザインのテイストをそろえたい」などと考えているプロ、またはハイエンドユーザーにとっては、有料版にしない限りなんにも触らせてもらえないというブログシステムとなっています。(ペパボさん、すみません)

               

              実は、私も自社サイトをレスポンシブデザインにしたついでに、ブログもレスポンシブにしようとしました。・・・いや、レスポンシブにしたのです。

              ところが、スマホからアクセスすると強制的にスマホ版のテンプレートのほうに行ってしまい、レスポンシブの設定は全く無駄な作業となっていました。(一生懸命HTMLやCSSを書いたのに)

               

              そこで、私は「JUGEM レスポンシブ」などのキーワードでググってみることにしました。諸先輩方がなにかヒントを与えてくださるかもしれません。

              でも、ヒットしたページを何十ページ開けても、ほとんどの記事は、「まずは有料版の”JUGEM PLUS”を契約して、フリースペースにjavascriptのコードを挿入しましょう」と書かれています。

              無料版ではタグ等を入れることはほとんどさせてもらえませんが、有料版なら一部触れる箇所があるということです。
              ただ、私の場合、無料版JUGEMといっても少し普通のとは違っていて、レンタルしているロリポップサーバーに付属している「ロリポブログ」(中身はJUGEMと同じもの)を使用しており、これは無料でありながら広告が出ないブログになっています。ですから、「広告がうっとうしいので非表示にしたい」という理由で有料版にする人が多い中、「せっかく広告は出ないのにわざわざ毎月300円払って有料版にするのもどうかなあ?」という理由だけで、有料版にすることに二の足を踏んでしまう・・・、ケチくさくてすみません。
              そんなわけで、「いやどこかに抜け道はあるはずだ」と、ああでもないこうでもない、といろんなことを試してみました。

              「HTML編集」でコードをいじってみたり、サイトタイトルやサブタイトル、記事のタイトルなどにコードを挿入してみたり。しかし、パソコン版のHTML編集は、スマホ版とはテンプレートが別なのでなにをやっても無駄だし、タイトルなどを入れるフォームはそもそもHTMLは受け付けないしで、結局、無料版では根本的に無理。というか、HTMLのタグを挿入できるところは2カ所しかないのです。

               

               

              ・・・え?

               

               

              2カ所は挿入できるんだ。
              ・・・そうです。逆に言えば、無料版で触れるその2カ所を触れば、可能になる・・・ということなのですね。

               

               

              はい。では前振りが長くなりすぎましたが、ここからがいよいよ本題です(笑)。

               

              その前に(まだ前振りがあるんかいっ!!)、今から書く内容は、「レスポンシブWebデザイン」を知っている、プロまたはハイエンドアマチュア向けな内容となっていますので、基本的にレスポンシブ対応のHTMLやCSSはすでに書いた上での話、もしくは書くのを前提とした話となっていますのでご了承ください。

              レスポンシブWebデザインの詳細については、長くなるのでここでは省略します。他のサイトやブログでとてもわかりやすく書かれている記事もたくさんあるので検索してみてください。

               

               

              まず、有料版では、レスポンシブにするために行うのはたった1カ所。フリースペースに

              <script>javascript:pcview_on();</script>

              を1行記述するだけです。

               

              しかし、無料版ではスマホ版のフリースペースは使えません。

              ↓管理画面の「モバイル→フリースペース」を選ぶと、このような画面になり、有料版にすることを要求されます。

               

              フリースペース

               

              無料版の場合はHTMLなどのタグを挿入できるのは2カ所

              1.「ブログを書く→記事の投稿、または記事の編集・削除」の「記事の内容」フォーム内(ただし<HTML>モード)

              2.「設定→ユーザー設定→プロフィール編集→自己紹介」のフォーム内

              この2カ所だけはタグを挿入できます。

               

              -------------------------------------------

               

              さて、それでは実際に作業を行うことにいたしましょう。

              触るところは全部で3カ所です。

               

              【手順1】

              「ブログを書く→記事の投稿、または記事の編集・削除」の「記事の内容」フォーム内に通常の文章を打ち込んだ後、フォーム右端にある↓「<HTML>モード」というボタンを押し

               

              Javascript

               

              文章のどの位置でもかまいませんから(上のほうに書いた方がすぐ読み込むのでいいかも。しかしFacebookでシェアするとFacebookのタイムラインでコードも最初に表示されてしまうので、その場合は最下部に入れた方がいいかも)

              <script>javascript:pcview_on();</script>

              というコードをフォーム内に挿入してください。

              そして通常のように投稿ボタンを押して更新いたします。

              この作業は、投稿する度に毎回行ってください(それが少々面倒くさい)。

               

               

              【手順2】

              「設定→ユーザー設定→プロフィール編集→自己紹介」のフォーム内にもこのコードを挿入しておくことをお勧めいたします。これは検索エンジンなどから直接プロフィールページにランディングされた場合(滅多にそんなことはないと思いますが)にもレスポンシブが効くようにする設定です。↓

               

              プロフィール

               

              この画像では最下部に挿入していますが、上部に挿入した方が少しでも先に読み込むのでそのほうがいいかもしれません。

              また、注意点として、ここに挿入するタグは途中で改行せずに1行で書いた方がいいでしょう。改行すると、自動改行で勝手に<br />というタグが挿入され、うまく作動しない可能性があります。(作動するかもしれない。未検証)

              この作業を行うのは1回だけでいいです。

               

               

              【手順3】
              管理画面の「モバイル→基本設定→ブログの表示設定」で、スマートフォン表示設定のところを、「直接表示形式」に切り替えておきます。これを切り替えておかないと、「リスト表示形式」ではせっかくタグを挿入した記事本文が表示されませんので、レスポンシブが効きません。↓
              この作業も1回だけでいいです。
              基本設定

               

               

              以上で、無料版JUGEMでもレスポンシブが可能となり、ご自分で好みのデザインのレスポンシブ対応CSSを書いて、表示させることが可能となります。

               

               

               

              一応、不都合な面も書いておきましょう。

              この方法を参考にされる方は、基本的にHTMLやCSS、更にはレスポンシブに大変詳しい、プロかハイエンドアマチュアの方と思われますが、それ以外の、「そもそもレスポンシブって何?」とか、「HTMLってなんぞや」とおっしゃる方には、念仏にしか聞こえないでしょう。

              例えば、ホームページ制作業者がクライアント様のサイトやブログをレスポンシブ仕様にして、ブログの更新はクライアント様ご自身でされるようにお願いしたとしても、クライアント様が毎回の投稿時に、わざわざ「HTMLモード」に切り替えてJavascriptコードを挿入してくれるかどうか・・・。うーーん。ちょっとハードル高いかもですね。

              クライアント様:「えーーー?毎回そんな面倒なことをしなきゃいけないの?ブログを書くだけでも面倒なのに・・・じゃあもうブログなんか書かねぇ!!」・・・と言われるかも。

              ブログは最新記事が一番上に表示され、古い記事はどんどん裏に回っていきますから、常に上記のJavascriptコードを記事本文中に埋め込み続けなければなりません。新規投稿をする度にです。これは素人さんでなくても(プロでも)毎回となると面倒くさいし、うっかり挿入し忘れなんてことも。

              更には、ブログ更新はパソコンで行う必要があるということです。スマホ版の管理画面(投稿フォーム)には「HTMLモード」がありません。

               

               

              まあ、それが面倒くさいという方は、素直に有料版にすべきですね。有料版なら、最初に1回だけフリースペースに挿入するだけで済みますから。

              私の場合、毎回手間をかけてでも、有料版にはしたくなかった、というのが、今回の方法を見つけ出すことにつながったと言えます。(ただのケチやんけ)

               

              もし、「そんな面倒なことをしなくても、うまくいく方法あるよ!」とおっしゃる方がいらっしゃいましたら、是非その方法を無料でお教えください(笑)。

               

               

              レスポンシブWebデザインがうまく作動した当ブログのスマホ表示↓

               

              レスポンシブ

               

              ちなみに、レスポンシブではなくJUGEMのスマホテンプレート表示の場合↓

               

              スマホテンプレ

               

              こんなふうに、ずいぶん表示に違いがあるのですね。

              さて、あなたも無料版JUGEMでレスポンシブしませんか!!
              0
                | 仕事 | 12:51 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
                看板

                ピクセル工房を立ち上げてから15年目。法人化してから5年目。ようやく会社の看板ができ、玄関横に取り付けました。

                自作です。自作と言っても100%自作というわけではなく、データは私が作成しましたが出力は看板屋さんにお願いしました。

                耐光性、耐水性があるので屋外設置でも数年以上は持つそうです。

                表面にボルトで貼り付けてある透明アクリル板はオーダーで専門業者に注文いたしました。

                後ろの格子は、築70年の我が家のリフォーム前に玄関にあったものを洗って色を塗って仕上げました。

                 

                看板

                 

                看板

                0
                  | 仕事 | 13:30 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
                  きたじま皮フ科様のサイト制作完成

                  去る6月10日に、北島町の「きたじま皮フ科」様のサイトが完成しました。

                  きたじま皮フ科
                  北島町にあるチューリップ公園がメイン画像になっています。
                  0
                    | 仕事 | 00:19 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
                    大久保病院様HPリニューアル

                    少し前になりますが、4月25日に大道の大久保病院様のサイトがリニューアルオープンいたしました。

                    中庭の大きな桜の木がシンボルです。

                     

                    大久保病院

                     

                    サイトはこちら

                     

                    販促クリエイター 有限会社ソニックプランさんのプロデュースです。

                    0
                      | 仕事 | 00:09 | comments(0)←コメントはこちらからお願いします。 | - |
                      カレンダー
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>
                      最新の記事
                      カテゴリー
                      過去の記事
                      最近のコメント
                      リンク
                      プロフィール

                      コンテンツ案内

                      ▲PAGETOP▲